パソコン教室の講座の内容について

パソコン教室では、パソコンの基本操作をはじめ各種ソフトの操作方法を学ぶことが出来ます。

その内容には、ビジネスの基本となっているワードやエクセル、クリエイティブ系で必須となるイラストレーター、建築や機械の設計に必要なCADのなど様々なコースがあります。

初心者向けのワードの講座の内容は、文書の作成をはじめ文書の体裁を整える、文書に画像や表を入れる、グラフの作成などとなっています。
一方のエクセルの講座の内容は、表の作成をはじめ基本的な計算や関数、グラフの作成などを学びます。

この他にもビジネス向けには、プレゼンテーションの際に使用するソフトのパワーポイントや、データベース管理ソフトのアクセスもパソコン教室にて学ぶことが出来ます。

通常のビジネス向け以外には、グラフィックデザインやホームページ作成に必要なソフトの講座があります。

その内容は、イラスト作成ソフトのイラストレーターをはじめ、画像加工ソフトのフォトショップ、Webデザイン用のドリームウィーバーの操作方法や応用スキルについて学ぶものとなっています。この他にもパソコン教室では、建築や機械設計に必須となるCADソフトの操作方法や、データの作成方法なども教えています。

すぐに仕事に使えるスキル以外にも、より初歩的なパソコンの操作方法そのものを教える基本的な講座もあります。その内容はインターネットの閲覧やメールの送信、パソコンやインターネットの基本的な知識、タイピングなどとなっています。

一方でマイクロソフト認定の資格であるMOSや、日商PC検定、Webクリエイター能力認定試験など、資格取得のための講座も各種あります。

パソコン教室では、パソコンの操作を学ぶために必要なテキストも講座ごとに用意されています。それらは楽しく学べるよう様々工夫されている他、練習問題も掲載されているため、繰り返し練習をして覚えることができるようになっています。

また実際に教室に通うことにより、独学よりもモチベーションが上がります。